会社案内

Home/会社案内

原料調達から研究・開発、製造、
加工、販売、物流に至るまでの一貫した
システムで
“紙の可能性”を追求する
グループの中核、カミ商事株式会社

カミグループの中核カミ商事は、カミグループの原点であり、新しい「紙のありかた」を追求すると共に、今後さらに求められる「紙のリサイクル」と「環境との共生」を念頭に、
原料の調達から研究・開発、製造、加工、販売、物流までを手掛ける紙の総合商社です。
欧米各国・中国・ASEAN諸国との輸出入事業も活発に展開。グループ各社との有機的な結合により、暮らしのさまざまなシーンを支えている紙の可能性を追求し、提案すること。
あらゆる需要に対応した製品を安定供給すること。カミ商事は時代と共に歩み続けます。

Greetingご挨拶

「紙造りのプロ」として。

昭和23年、井川商事株式会社(カミ商事の前身)を設立して以来、私たちは“紙造りのプロ”として、グループを形成してきました。
長い歴史を持つ紙は、その時々の文化を担い、暮らしを支えながら、社会のさまざまなシーンに係わり、時代とともに歩み続けてきました。

経済社会の発展した今日、豊かさの深化は、当然紙の質や内容の進化を求めます。新しい“紙のありかた”を追求するカミグループは、研究・開発から製造、加工、販売、物流までの自社マーケティング体制を確立、効率的なグループ運営・品質の向上と変革・安定供給をめざし、各社がそれぞれの役割を担い、有機的に結合しています。“紙造りのプロ”として、企業活動の中から、新たな紙の可能性を追求し、提案すること。これが、カミグループの責務であると考えています。

生活必需品である紙。貴重な資源から生まれてくる紙。「紙を考える」ことは、同時に環境を考えることでもあります。環境の保全は、21世紀、人類共通のテーマです。カミグループは、資源の有効活用と合理的な生産システムで、環境とのより良い関係を築きたいと考えます。

「環境との共生」は“紙造りのプロ”、カミグループの大きなテーマの一つです。

Philosophy経営理念

常に一歩先のビジョン・・・
カミグループは考え、行動します。

古くから文化に密着し、歴史を綴ってきた“紙”は、IT文化が定着した現代においても、ビジネスから生活までその高い利便性が求められています。
TISSUE BRANDエルモアが誕生して40数年、私たちは暮らしのさまざまなシーンで紙を通じ、時代が必要とする新しい付加価値をお届けしてきました。

しかし、「豊かさ」の深化とともに、“紙のありかた”も変わってゆきます。お客さまが、社会が、今何を求めているのか。
その“答え”を見つけ出す私たちのチャレンジは、これからも続きます。

21世紀は環境の世紀といわれています。環境の保全は今や人類誰もが真剣に考え、行動に移さなければならない問題となっています。
その課題に対して、私たちには何ができるのか。
限られた資源の有効活用のため、古紙の利用を促進、「紙のリサイクル」を定着させ、製紙の命“水”を守り、空気を汚さない。

人と環境とのより良い関係を創造すること。「環境との共生」は、私たち・カミグループの行動基準の一つです。

グループ会社について

Company Profile会社概要

会社名 カミ商事株式会社
設立年月日 1962年4月26日
資本金 48,000,000円
売上高 1,019億円(令和2年6月期)
代表者 代表取締役社長 井川 博明
従業員数 227名(令和2年6月現在)
本社住所 〒799-0404 愛媛県四国中央市三島宮川1丁目2番27号
TEL. 0896-23-5400(代)FAX. 0896-23-5476・5469・5479
事業内容
– 紙製品部門
新聞用紙、印刷用紙、情報用紙、梱包用紙、機械抄和紙・特殊紙、包材などの仕入並びに販売
– 板紙部門
段ボール原紙、農用再生紙、紙器用板紙などの仕入並びに販売
– 家庭紙部門
ティシューペーパー、トイレットロール、ペーパータオル、
ウェットティシュー、マスクなどの加工並びに販売
– 衛材部門
大人用紙おむつ、介護用ウェットなどの加工及び医薬部外品又は化粧品の製造並びに販売
– 資材部門
製紙原料、工業用薬品、輸入石炭、製紙用用品などの仕入並びに販売

支店・営業所および事業所

支店
– 東京支店
〒110-0006 東京都台東区秋葉原1番1号
秋葉原ビジネスセンタービル7階 [ MAP ]
TEL. 03-5207-8171 / FAX. 03-5207-8177
– 名古屋支店
〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目5番12号
パシフィックスクエア名古屋錦6階 [ MAP ]
TEL. 052-209-7611 / FAX. 052-209-7550
– 大阪支店
〒530-0043 大阪市北区天満1丁目25番17号 [ MAP ]
TEL. 06-6354-1221 / FAX. 06-6354-3750
– 九州支店
〒812-0006 福岡市博多区上牟田2丁目9番26号 [ MAP ]
TEL. 092-472-2635 / FAX. 092-472-4299
営業所
– 仙台営業所
〒984-0015 仙台市若林区卸町2丁目2番1号
パックス第2ビル1階 [ MAP ]
TEL. 022-283-1521 / FAX. 022-283-1523 
– 北関東営業所
〒327-0305 栃木県佐野市船越町2356
エルモア関東(株)内 [ MAP ]
TEL. 0283-61-1324 / FAX. 0283-61-1344
– 横浜営業所
〒244-0805 横浜市戸塚区川上町87番1
ウェルストン1ー5階 [ MAP ]
TEL. 045-828-0153 / FAX. 045-828-0157
– 鳥取営業所
〒680-0865 鳥取市古市185番地
三洋製紙(株)本社内 [ MAP ]
TEL. 0857-27-7130 / FAX. 0857-27-6320
– 広島営業所
〒734-0013 広島市南区出島1丁目3番1号 [ MAP ]
TEL. 082-250-1203 / FAX. 082-250-1208
連絡所
– 札幌連絡所
〒063-0869 北海道札幌市西区八軒9条東4丁目3番地7号
フォーサイドジュノン 101 [ MAP ]
TEL. 080-6847-7059
– 盛岡連絡所
〒020-0851 岩手県盛岡市向中野4丁目31番地45号
アビタシオンみなみ408 [ MAP ]
TEL. 019-681-8425 / FAX. 019-681-8425
– 北陸連絡所
〒920-8203 石川県金沢市鞍月5丁目198番地 
アルビオン鞍月201号 [ MAP ]
TEL. 076-254-0763 / FAX. 076-254-0763
事業所
– ティシュー事業所
〒799-0401 愛媛県四国中央市村松町258号 [ MAP ]
– 関東事業所
〒327-0305 栃木県佐野市船越町2356号 [ MAP ]
– 三島事業所
〒799-0421 愛媛県四国中央市三島金子1丁目2200番地5号
[ MAP ]
– 川之江事業所
〒799-0101 愛媛県四国中央市川之江町548番地2号
[ MAP ]
– 寒川事業所
〒799-0431 愛媛県四国中央市寒川町4765番地14号
[ MAP ]

History沿革

大正初期古くから和紙の産地として栄えてきた当地方で、社長の先々代が製紙原料、和洋紙の販売に着手したのが源である。
昭和23年井川商事株式会社設立。
昭和37年井川商事の事業(東京・名古屋・大阪・九州4支店を含む)を継承し、資本金1,500万円にてカミ商事株式会社を設立、開業。
昭和39年資本金を4,800万円に増資。
昭和48年本社社屋完成(延2,708㎡)。その後、全国主要都市に支店・営業所及び物流基地を開設。
昭和53年家庭紙販売に着手。(エルモア 村松工場新設)
昭和60年海外紙パルプメーカー各社と戦略的商品開発輸入に着手。
昭和61年紙おむつ販売に着手。 (エルモア 川之江工場新設)
平成4年大阪支店社屋完成(延2,936㎡)。
平成12年寒川物流センター開設。自動倉庫新設。
平成14年寒川物流センター増設。
平成17年共同出資により、烟台大茂包装制品有限公司(中国/山東省)設立。(パルプモールド生産)
平成22年広島営業所社屋完成。エルモア 三島工場新設。
平成24年九州支店社屋完成
平成27年本社医療機器品質マネジメント ISO13485/2003 認証取得。
平成28年FSC®森林認証のCoC認証を取得(FSC-C131875)。
平成28年自社製介護用ウェット販売に着手。
令和2年マスク販売に着手。
令和2年エルモア三島工場に自動倉庫新設。

Environment環境への取り組み

PEFC認定書国際的な森林認証制度の一つであるPEFC認定書を取得しています

環境のために私たちにできること。
環境負荷の低減を推進するためのシステム
構築と技術開発に取り組んでいます。

環境問題は、私たちの身の回りから地球規模の課題まで大変幅広く、そして深刻になっています。
私たちには、今すぐできることを考え、環境を見つめ、身近な活動を継続することが求められています。

基本理念
当社は、環境マネジメントシステムを確立、実行し、継続的な改善を行うことにより地球環境への負荷を削減し、
従業員一丸となって地球環境の保全に積極的に取り組みます。
環境方針

紙・紙加工品及び製紙原料の卸売、並びに紙加工品の開発活動を行うにあたり、以下の方針に基づき環境管理活動を行います。

  • 環境保全の重要さを認識し、事業活動に起因する環境影響を評価しつつ下記のことを推進します。
    • 1. 省資源(紙の効率的な使用の促進及び省資源製品の開発促進)
    • 2. 廃棄物削減(ゴミの分別の徹底によるリサイクルの推進)
  • 環境マネジメントシステムの構築と定着化、経営者のレビュー及び内部環境監査等の実施により改善を図り、
    環境汚染の防止に努めます。
  • 環境関連法規制及びその他の要求事項を順守した環境活動を推進します。
  • 環境方針は、文書化して維持し、従業員及び当社の為に働く全ての人に周知、徹底するとともに、
    社外にも開示します。

森林認証製品の取り扱いに関する
コミットメント

当社は、自然環境の保全と資源の保護に努め、豊かな地球と住みやすい社会の構築に向けた取り組みとして、森林認証製品の普及に努めてまいります。

そのため、森林認証製品の取り扱いを通して、森林認証制度(PEFC COC)を理解し、その要求事項の遵守、実施、維持を図ってまいります。

この森林認証製品の取り扱いに関するコミットメントを皆様に公開いたします。