Interview

家庭紙業界では4大メーカーに名を連ねる程に
成長した企業だからこそ、
会社と共に成長できる面白さがある

2019年入社(総合職)

大阪支店 / 家庭紙部 / 営業担当

Home/インタビュー/総合職/2019年入社(総合職)
カミ商事を選んだ理由を教えてください。
愛媛県で20年間過ごす中で、実家が四国中央市だったこともあり、エルモアブランドのティシュー、トイレットロール、キッチンタオルを長年愛用しておりました。
土地柄もあって、教養として紙製品の製造方法は学んでおり、もとより興味がありましたが、その中でも茶葉を粉砕し紙に混入させることで、カテキンの消臭効果・抗菌効果を促すような開発をされているカミ商事に成長・進化を感じ、入社を決めました。
現在の仕事内容を教えてください。
エルモア商品を取り扱ってくださっている販売店様や、その代理店様との打ち合わせをし、互いの利益となるような話をまとめていくことがメインです。打ち合わせの中には商品の流通経路、在庫の確保や、商品の価格設定など、状況に応じて様々な話をしております。
失敗したこと、難しかったこと、苦しかったことなど、どうやって乗り越えたか?エピソードを交えて教えてください。
コロナ禍に「トイレットロールは中国品がメインなので、輸入が止まり手に入らなくなる」といったデマ情報が流れたことで消費者が買い溜めに走り、流通が大混乱して、配送トラックが足りなくなる事態が発生したときは心身ともに苦しかったです。
しかし、販売店と相談しチラシ掲載の中止、価格設定の見直しなどを施し、消費者の需要を少し落ち着かせることで、うまく乗り越えることができました。
仕事を通じて自分が成長したと思うことを教えてください。
知識や立ち居振る舞いが身に付き、取引先の人と対等に話し合いができるようになったことです。
上司や先輩に頼りきりだったことが、自分で判断できるようになり、打ち合わせを円滑に進められるようになったときは達成感がありました。
この仕事の魅力は何ですか?働いていてうれしかったことや、やりがいなどを教えてください。
自分で考え判断し、企画したことが機能したときです。
企画期間・価格設定などを考え精査し、それが実際に納品数や売り上げに数字で表れるので、達成感を目で見て感じ取れることがこれから先の意欲にも繋がりますし、やりがいを感じます。
カミ商事の魅力を教えてください。
家庭紙業界ではいまや4大メーカーに名を連ねる程に成長した企業であり、家庭紙だけではなく段ケースや原料、輸出入に関してもスペシャリストな企業であることです。大人用紙おむつにも力を入れており、ティシューやトイレットロールだけでなく、様々な分野で他企業と渡り合える力を持っています。自身のみでの成長を目指すのではなく、カミ商事とともに成長していける、そのような魅力があります。
休日や、仕事が終わった後など、プライベートは何をして楽しんでいますか?
社会人になってからゴルフに熱中しており、仕事終わりにはよく練習に行き、休みの日にはラウンドをしています。マナーにも重きを置いたスポーツですので、楽しいということだけでなく、自身の為になることが非常に多いです。
一日のスケジュール午前と午後のお仕事の流れをまとめました

AM

9:00
朝礼
9:30
商談資料作成
12:00
昼食

PM

13:00
得意先訪問
15:00
得意先訪問(2件目)
17:00
帰社
17:10
日報記入
17:20
退社
これからの目標を教えてください。
自身でできる仕事の量、質を増やしていくことです。今では先輩や上司の方に任せてしまうような内容でも、後々は自身で判断しこなせるようになっていきたいと思っています。
さらには様々な取引先に顔を出し、人脈をどんどん拡げていきたいと考えています。

マイナビにてエントリー受付中!

マイナビマイナビ

採用に関しての
お問い合わせはこちらから

お問い合わせお問い合わせ